• 熱田神宮で七五三・お宮参りのロケーション写真撮影の申し込み方法解説‼

    いつもブログをご覧頂いてありがとうございます。今回は「名古屋で有名な熱田神宮で七五三やお宮参りの撮影ができるのか」?ということについて詳しく解説させて頂きます。 撮影できると書いてある記事もあれば、撮影できないという記事も見当たりますが、こちらのブログではきちんとこれから撮影をお考えの方に誤解のないようにお伝えさせて頂きます。 是非参考にしてくださいね。 1.熱田神宮でのロケーション撮影での注意事項 最近ではカメラマンさんを神社などに呼んで撮影をするという方も増えてきています。もちろんそのようなサービスもいいのですが、注意しないといけないのは、「その場所で撮影ができるのか?」「そもそも撮影許可をきちんと取れているか?」です。 撮影許可を取らずに撮影している場合は、もちろん違法行為です。そこまでは知らなかった、カメラマンさんが許可を取ってくれてると思っていた、という後からの言い訳はきかなくなります…。 なかにはカメラマンさんをお友達と装い撮影を勧めるカメラマンさんもいますが、ご神前でそこまでして撮影することも何かが違います。 もちろん許可を取っていないカメラマンが撮影をしているのが見つかればどの場所でも厳しく注意されます。 せっかくの晴れの日のお祝いの写真なのに、そのような嫌な思い出が残ってしまうことは良くないですよね…。防げるトラブルには注意しなければいけません。 [ふきだし icon="https://photostudio-info.com/wp-content/uploads/2022/04/名称未設定-1.png" align="right" col_border="#000" col="#f6f3f1" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]実際に熱田神宮の撮影はどこまでがOKなのかしら?[/ふきだし] さて、本題の熱田神宮で写真撮影ができるのかですが、 熱田神宮では熱田神宮の指定業者、また熱田神宮で申請を出して許可をされたフォトグラファー・カメラマン以外は撮影することはできません。 熱田神宮の指定業者以外のフォトグラファーが「七五三の写真を撮りたい」という申請を出したとしても、原則許可はおりません。 自分のお願いしているフォトグラファーさんがきちんとルールを守っているフォトグラファーかを確認するためには、フォトグラファーさんが、腕に腕章をつけているかを確認しましょう。撮影ができるフォトグラファーは必ず腕に撮影を許可された腕章をつけています。色は青色・または白色です。腕章をつけずに撮影をしているフォトグラファーさんは許可を取らず違法で撮影をおこなっています。 [ふきだし icon="https://photostudio-info.com/wp-content/uploads/2022/04/woman-d-02.png" align="left" col_border="#000" col="#f6f3f1" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]自分が担当しているフォトグラファーさんがきちんと許可を取っているか確認するためには腕章を見ればいいのね![/ふきだし] 2.熱田神宮で写真撮影を頼みたい方は熱田神宮会館写真部へ このように熱田神宮内で撮影をしたい場合は、熱田神宮の指定業者・熱田神宮会館写真部にお願いをしましょう。個人のフォトグラファーさんにお願いをして熱田神宮で撮影をお願いする行為はできません。 [ふきだし icon="https://photostudio-info.com/wp-content/themes/isotype_001/functions/gutenberg/balloon/image/icon_biz_man.png" align="left" col_border="#000" col="#f6f3f1" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]熱田神宮会館の写真部の方にお願いすれば安心して写真をお願いできるよ![/ふきだし] 境内でのロケーション撮影は熱田神宮会館写真部が請け負ってくれています。熱田神宮会館写真部にお願いすれば間違いはありません。熱田神宮会館写真部はタカラ写真館・ミカサ写真館・天野写真室の3つの写真館が入っています。どの写真館も安心して撮影をお願いすることができます。 3.熱田神宮会館写真部のロケーション撮影プラン 熱田神宮会館写真部のロケーション撮影プランは大前提として、熱田神宮でご祈祷をされたお客様しか撮影を行うことはできません。撮影だけを行うために申し込むことはできませんので注意しましょう。 熱田神宮を熟知したフォトグラファーさんが撮影が許可されている場所で、大切な晴れの日の記念を撮影してくれます。 撮影料金 カット数 40カット44000(税込み)撮影時間30分~60分*撮影料金に祈祷料は含まれていません。 撮影したデータをもらえるプランで、データは後日送られてきます。 熱田神宮内で撮影ができるとはいっても、境内は参拝のお客様で多く賑わっています。撮影が優先なのではなく、ご参拝者の方が何よりも優先されます。 神社様ではご参拝の方に迷惑になる行為、いきすぎた撮影行為(フォトグラファーが大きな声をだす・道をふさぐ・長時間場所を独占する・撮影してはいけない領域で撮影する)により、撮影行為が禁止となる場所も増えています。撮影をお願いする側もマナーを守って撮影を楽しみましょう。 [ふきだし icon="https://photostudio-info.com/wp-content/uploads/2022/04/woman-d-02.png" align="right" col_border="#000" col="#f6f3f1" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]撮られる側も作法・マナーを守ることが大切‼[/ふきだし] 熱田神宮会館写真部のフォトグラファーの方々はその辺りは熟知されているので安心して頼むことができます。 4.ロケーション撮影当日の流れ 撮影日の当日の流れはこのようになっています。 熱田神宮の神楽殿で祈祷熱田神宮会館、または神楽殿前のフォトグラファーと合流熱田神宮境内で撮影開始(30分~60分)お支払い(各社現金のみ)後日データ送付(撮影日から一か月以内) 5.申し込み方法 ロケーション撮影の申し込み方法を調べたところ熱田神宮会館写真部さんの申し込みのHPがありました。 ミカサ写真館 出典:ミカサ写真館インスタグラム ミカサ写真館さんは名古屋市の東山に拠点をおく老舗写真館です。熱田神宮での写真以外にもスタジオノーブレムというブランドで子供スタジオを展開しているようです。 ミカサ写真館への申し込みフォーム ロケーション撮影プランページ ミカサ写真館さんでのロケーション受付のHPです。ミカサ写真館へのお問い合わせはミカサ写真館の公式LINEからできるようになっています。ミカサ写真館の公式LINEを登録すると、LINEのトーク画面に申し込みフォームがあるので、そこから必要な情報が入力できるようになっています。 質問事項があれば、公式LINEからも気軽にお問い合わせができるようです。 ミカサ写真館への申し込みフォーム ミカサ写真館公式LINE 注意事項として記載があるのは、七五三の繁忙期になると申し込みが殺到するので、なるべく事前の申し込みが必要とありました。ロケーション撮影をお考えのお客様は前もって申し込みしましょう。 たから写真館 出典:たから写真館ホームページ たから写真館さんは熱田神宮の目の前にある写真館さんです。七五三の時期になると記念日の写真を撮りに来るお客様でとても賑わっています。 たから写真館さんの直接の申し込みフォームは見当たりませんでした。たから写真館さんにお願いしたいお客様は直接スタジオにお問い合わせしてみてもいいかもしれません。 天野写真室 出典:天野写真室HP 天野写真室さんは名古屋で有名な百貨店、三越にスタジオを構えている老舗名門写真館です。調べたところ天野写真室さんのインスタグラムから申し込みをされていました。インスタグラムのリンクをクリックすると熱田神宮のロケーション撮影の申し込みフォームに入れます。ここから必要な情報を入力して申し込むことが可能なようです。 天野写真室への申し込みフォーム 天野写真室インスタグラム 熱田神宮会館 HP以外にも熱田神宮会館に直接お問い合わせもできるようです。 熱田神宮会館へのお問い合わせ 052-671-3120 曜日時間平日10:00-18:00土日・祝日9:00-19:00*火曜日は定休日 6.おわりに 熱田神宮境内でのロケーション撮影は熱田神宮会館写真部が請け負っています。それ以外で撮影するためには熱田神宮の許可が必要になり、腕章をつけての撮影が必須のようです。 大切な晴れの日のお祝いです。トラブルをさけるため、しっかりとした業者さんにお願いしましょう。

  • 七五三の歴史と現代の風習を徹底解説!

    七五三は、日本の伝統的な行事であり、子供の成長と健康な未来を祈るものです。 この記事では、七五三の歴史から現代の風習までを徹底解説します。 江戸時代の影響や神道との関係、地方ごとの風習の違いなど、興味深い内容が満載です。 また、子供たちの成長を祝う意味や神事の内容、縁起を担ぐ品物や服装についても詳しく説明します。 さらに、日本全国の七五三の神社を紹介し、家族でお祝いする意義をみんなで共有できるようにまとめています。 ぜひ、この記事を読んで七五三の知識を深め、家族で楽しむための参考にしてください。 七五三の歴史と意義 七五三は、日本の伝統的な行事であり、3歳・5歳・7歳の子どもたちが神社に参拝し、成長と健康を祈願するものです。この行事は、古くから子どもたちの成長が神々の加護によるものとされ、感謝の意味も込められています。また、古代日本では子供の死亡率が高かったため、七五三は子どもたちが無事に成長できたことを喜び、さらなる成長と幸せを祈る機会でした。 七五三の歴史は、平安時代まで遡るとされており、その頃は特定の年齢ではなく、数え年で奇数歳の子どもたちが神事に参加していたと言われています。江戸時代に入ると、現在のような3歳・5歳・7歳という年齢制限が定着し、関東地方を中心に全国に広がりました。 また、七五三の際に着る祝い着は、女児が赤やピンクの着物に熨斗目や友禅模様、男児が羽織と袴を着用するのが一般的で、その由来も江戸時代にさかのぼります。このように、七五三は子どもたちの大切な成長の節目を祝い、家族そろって感謝と願いを捧げる、日本の伝統的な行事として受け継がれています。 七五三の由来と江戸時代の影響 七五三の由来は、古代日本の神道に基づく成長祈願の祭祀にあります。古代日本では、子どもたちの成長が神々の加護によるものと信じられており、七五三のような行事で神々に感謝し、さらなる成長を祈っていました。 江戸時代になると、七五三がより庶民にも広まり、現代と同様に3歳・5歳・7歳の子どもたちが神社に参拝する形が定着しました。当時の子どもたちは、七五三の際に願い事を書いた短冊を献納したり、千歳飴と呼ばれる飴をもらって祈願しました。 また、江戸時代の影響を受けた七五三の風習には、髪を結う女児と袴を着用する男児があります。服装は当時の子供たちの格式を示すものであり、現代の七五三でも、この伝統的な服装が引き継がれています。 神道との関係と地方ごとの風習の違い 七五三は神道の行事であり、子どもたちの成長を祝い、神々に感謝する目的があります。日本の神道では、自然や人間の生活と密接に関わる神々が数多く存在し、それぞれの地方で神事や祭祀が行われています。 七五三も各地で独自の風習や神事があり、地域によって様々な形で行われています。例えば、出雲地方では3歳の子どもたちが神社に髪を奉納する「髪納め」という風習がありますし、他の地方では風船や縁起物を子どもたちに与えることがあります。 このように、神道と地方の風習が組み合わさった七五三は、日本全国で親しまれている伝統行事であり、子どもたちの成長や家族の絆を深める大切な機会となっています。 七五三の日付と年齢のカウント 七五三は日本の神道における伝統的な行事であり、子供たちの健やかな成長と幸せを願うものです。一般的には、女児は3歳と7歳、男児は5歳の時に神社で行います。 七五三の日付は、全国的には11月15日とされていますが、地方によっては11月上旬から下旬にかけて神事が行われることもあります。 年齢のカウントには数え年という日本独自の方法が用いられます。数え年は、生まれた年を1歳として、その後は毎年正月に1歳ずつ加算されるというやり方で、現在のような満年齢とは異なります。 このため、七五三を終えると、通常の年齢よりも1〜2歳ほど年上になることがあります。 地域による日付の違いと旧暦の影響 七五三の日付は基本的に11月15日ですが、地域によっては異なる場合があります。一部の地方では11月上旬から下旬にかけて、都合の良い日に神事が行われることがあります。 また、かつては旧暦を用いていたため、現在の新暦とは日付が異なる場合があります。 江戸時代には、旧暦の10月から12月にかけて七五三が行われていましたが、徳川家が新暦に移行したことで現在の11月に七五三が行われるようになりました。地域や歴史的背景を考慮することで、七五三の日付の違いや旧暦の影響が理解できます。 男児・女児それぞれの年齢と成長を祝う意味 七五三は日本の神道行事であり、男児や女児の成長を祝う意義があります。男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳で祝うのが一般的です。この年齢は、幼い子供が無事に成長し、健康で幸せな暮らしを送るために節目とされる重要な時期になります。 神道において数え年が重視され、昔は満年齢ではなく、旧暦の年を用いる場合もありました。 七五三には、子供たちの健康を祈願し、長寿で幸せな人生を送ることができるように願う意味が込められています。 子供たちには、収穫祭の時期にちなんで、千歳飴という縁起物が贈られる。千歳飴は、江戸時代からの縁起物であり、「千歳」とは「長寿」の意味を持ちます。 七五三の服装と品物の縁起 七五三では、子供たちの服装として華やかな着物が着用されることが多いです。一般的に、男児は羽織と袴の組み合わせで、女児は着物に帯揚げや縮緬など、縁起を担いでいる模様があります。 また、七五三には、さまざまな品物が用意されるます。風船や千歳飴などの縁起物が子供たちに贈られます。千歳飴は、子供たちの健康や成長、長寿を願い、縁起を担いでいるものです。 着物の模様 着物にはさまざまな縁起の良い模様が施されています。例えば、女児の着物には鶴や亀、梅や桜、菊などの吉兆を象徴するモチーフが用いられることが多いです。 一方、男児は龍や鳳凰、扇や華文、熨斗など、勇ましいデザインが特徴です。これらは子供たちの健やかな成長を願う親心が込められたものであり、七五三の祝福の気持ちを具体的に表現するものと言えます。 七五三のまとめ|家族でお祝いする意義 七五三は、子供たちが無事に成長できたことを親や親族が喜び、家族の絆を深める機会となります。また、地域や神社によって異なる風習や神事があるため、子供たちに日本の歴史や文化を伝える貴重な体験となります。 お子様の成長を祈願するために神社へ親子で訪れることで、七五三の意義をより深く感じることができるでしょう。ぜひ、家族で素敵な思い出を作りに行ってみてください。

  • 七五三前撮りの完全ガイド!時期・衣装・スタジオ選びのポイント

    七五三前撮りは、お子さまの成長を祝う大切なイベントです。この記事では、おすすめの撮影時期や衣装選び、スタジオ選びのポイントを解説します。まずは、3歳、5歳、7歳のそれぞれの撮影時期にフォーカス。また、シーズンごとのメリットや注意点を確認しましょう。さらに、スタジオ利用時の撮影時期や混雑状況についても探ります。 次に、家族そろっての七五三撮影について。お子さま、ママ、パパそれぞれの着物や和装の選び方や、ポーズのコツをお伝えします。撮影スタジオや衣装レンタル店を上手に利用すれば、費用も抑えられます。最後に、七五三前撮り撮影のまとめとして、タイミングやスタジオ選びで最高の思い出を残す方法を紹介します。是非、この記事を参考に、家族で楽しむ七五三前撮りに挑戦してみてください。 七五三の前撮り撮影はいつごろがおすすめ?時期ごとのメリットを確認しよう 七五三の前撮り撮影は、お子さまの成長を祝う大切なイベントです。おすすめの時期は、お祝いの時期である11月前後以外にも、さまざまなメリットがある時期があります。具体的には、春や秋に撮影することで、自然の美しい風景を背景に撮影ができる点や、暑すぎず寒すぎない気候で快適に撮影が行えるという点が挙げられます。また、夏に撮影することで、家族みんなで浴衣を着て和やかな雰囲気の写真が撮れるというメリットもあります。しかし、どの時期に撮影するにしても、スタジオや衣装の予約が混雑することがあるため、早めの予約がおすすめです。 3歳、5歳、7歳のそれぞれにおけるおすすめの撮影時期 3歳の場合、お子さまがまだ小さく、暑さや寒さに弱いことから、春や秋の過ごしやすい時期がおすすめです。5歳のお子さまは、元気いっぱいなので、夏に浴衣を着せて撮影するのも素敵です。ただし、日焼けや熱中症に気を付けましょう。そして、7歳のお子さまは、11月のお祝いに向けて前撮りを行うことが一般的ですが、夏休みや春休みに撮影することで、貴重な家族の思い出になるでしょう。 シーズンごとの撮影メリットと注意点 春に撮影する場合、桜や新緑を背景に美しい写真が撮れるメリットがあります。ただし、花粉症のお子さまには注意が必要です。夏に撮影する場合、浴衣を着た家族写真が楽しめますが、日焼けや熱中症対策が必要です。秋に撮影する場合、紅葉やお月見などの季節感が表現できますが、台風シーズンには天候による撮影の延期があるかもしれません。冬に撮影する場合、お正月の着物姿も素敵ですが、寒さ対策が必要です。 スタジオ利用時の撮影時期と混雑状況 スタジオ利用時の撮影時期によっては混雑が予想されます。特に11月のお祝いシーズンや、春や秋の行楽シーズンには予約が取りづらくなることがあります。早めの予約や、平日やオフシーズンを狙うことで、ゆっくりと撮影ができるでしょう。また、混雑が予想される場合は、スタジオアリスや有名な撮影スタジオのキャンペーンを活用して、お得に撮影ができる方法も検討してみましょう。 家族そろって七五三撮影!親子の衣装とポーズのコツ 家族での七五三撮影は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。素敵な写真を残すために、親子それぞれの衣装選びや、ポーズのコツを知ることが大切です。 お子さまの衣装は着物が一般的で、男の子は袴、女の子は袴や被布を着用します。着物の柄や色は、お祝いの場合に適した華やかなものを選びましょう。また、お子さまに快適に着てもらえるよう、サイズや素材にも注意が必要です。 ママの衣装には和装が人気で、お子さまの衣装に合わせた色柄を選ぶと統一感が出ます。パパも和装で揃えることで、家族全員の絆を感じる写真になります。 撮影時のポーズのコツは、自然な笑顔や親子のスキンシップを大切にすること。抱っこや手をつなぐなどのアクションを取り入れて、家族の愛情を表現しましょう。 お子さま、ママ、パパそれぞれの着物や和装の選び方 お子さまの着物選びは、年齢に合わせた柄や、丈夫な素材を選んでお祝いの雰囲気を盛り上げましょう。また、動きやすさを考慮したデザインが好ましいです。 ママの和装は、季節に合わせたものやお子さまの衣装と同じ柄を取り入れることで、見た目にも統一感が出ます。また、着付けやヘアアレンジも簡単なものを選ぶと、ストレスフリーな撮影ができます。 パパの和装はシックな色合いやデザインがおすすめです。家族全員で統一したものを選ぶことで、家族写真が一層引き立ちます。 七五三前撮り撮影のまとめ|タイミングやスタジオ選びで最高の思い出を残そう 七五三前撮り撮影のタイミングは、お子さまの誕生日前後や、行事が少ない時期がおすすめです。また、スタジオ選びでは、撮影メニューやサービス内容、予約のしやすさなどをチェックしましょう。 これらのポイントを押さえて、家族で最高の思い出を残しましょう。次のステップとして、お気に入りのスタジオを探して予約することをお勧めします。

  • 七五三の衣装のルールは?何を着ればいいの?

    七五三の準備には様々な要素がありますが、特に重要なのがお子さまの衣装選びです。さらに、ご家族の服装も考慮する必要があります。 ここでは七五三の衣装について、和装と洋装の基本情報をまとめました。これを参考にして、お子さまの大切な節目を迎える準備を進めていきましょう。 七五三の衣装は洋装か和装か? まず、七五三の衣装には洋装と和装の2つの選択肢がありますが、特別なルールがあるわけではありません。どちらを選んでも問題ないでしょう。 和装の場合、以下のようなポイントがあります。 女の子は鮮やかな色のお着物を選ぶことが一般的です。 男の子は紋付羽織袴や袴姿が好まれます。 一方、洋装の場合は以下のようなポイントが挙げられます。 女の子はドレスやワンピースを、男の子はスーツやタキシードを選ぶことが多いです。 洋装だと和装に比べて着付けが簡単で、動きやすさも魅力です。 また、七五三の準備は衣装だけでなく、他にもたくさんのことがあります。 例えば、神社でのお参りや写真撮影、お祝いの慣習などです。これらについても事前にリサーチしておくことが大切です。 さらに、写真スタジオやフォトスタジオを利用する場合、和装も洋装も手ぶらでOKというところもあります。そうしたスタジオを利用すれば、衣装選びに悩む時間も削減できます。 まとめると、七五三の衣装には洋装と和装の2つの選択肢がありますが、どちらを選んでも問題ありません。 和装と洋装のポイントを押さえ、お子さまと一緒に楽しい七五三の準備を進めていきましょう。 また、写真スタジオやフォトスタジオを利用することで、衣装選びの手間を減らすことも可能です。お子さまの節目を迎える七五三を、安心して楽しく過ごしましょう。

  • こどもの七五三の費用はいくらかかる?使い道や相場などを解説‼

    七五三にかかる費用は総額いくらかかるでしょうか。多くの親御さんがこのような疑問を持つことでしょう。 今回は、七五三にかかる費用を細かく解説し、使い道や相場をまとめました。七五三の予算を立てる際に役立ててください。 まず、七五三にかかる費用の内訳を以下の通りご紹介します。 神社やお寺へのご祈祷 記念写真撮影 食事会 その他 1.ご祈祷料 神社やお寺へのご祈祷編 七五三では、まず子どもの成長をお祝いするために神社やお寺へ参拝し、ご祈祷を受けます。 ご祈祷料の相場は場所や神社によって異なりますが、一般的に1万円から3万円程度が目安です。また、神社によっては、祈祷料の他にも賽銭やお供え物の費用が必要になることもありますので、予め確認しておくことをおすすめします。 2.記念写真費用 記念写真撮影編 七五三の記念写真撮影は、家族での思い出を残す大切なイベントです。料金はスタジオやプランによって異なりますが、10,000円から50,000円程度が相場です。また、着物やスーツのレンタルが必要な場合は、別途費用がかかる場合があるので、事前に確認しておきましょう。 3.食事会費用 食事会編 祈祷後には、家族や親戚・友人を招いて食事会を開くことが一般的です。食事会の費用は、参加人数やレストランのランクによって大きく変わります。 一般的には、1人あたり5,000円から10,000円程度を予算として考えると良いでしょう。 4.その他の費用 その他 その他の費用として、お参り用の着物やアクセサリー、お祝い返しの費用が考えられます。また、祈祷に参加してくれた方々へのお礼の品や、お付き合いで出席される方への手土産も忘れずに用意しましょう。 まとめ 七五三にかかる費用は、神社やお寺への参拝、記念写真撮影、食事会、その他の費用といった項目があります。各項目の相場を把握し、予算を立てる際に考慮してください。また、費用を抑えたい場合は、プランやお店を比較検討しましょう。大切な家族の思い出を作る七五三の準備を、ぜひ楽しんでください。

  • 七五三の写真撮影はどうする?知っておきたいポイント‼

    七五三の写真撮影は、子供たちの成長を祝う大切なイベントです。そのため、素晴らしい写真を残すためにはいくつかのポイントを把握しておくことが重要です。今回は、七五三の写真撮影で知っておきたいポイントをご紹介します。 衣装選び まず第一に、衣装選びが重要です。子供の好みや似合う色を考慮しながら、華やかで伝統的な衣装を選びましょう。男の子は祝い袴、女の子は着物が定番です。レンタルショップや子供服専門店で選ぶことができます。 撮影場所を検討しよう 第二に、撮影場所の選定が大切です。自然豊かな公園や神社・お寺が人気ですが、天候に左右されるため屋内スタジオもおすすめです。撮影場所によっては事前予約が必要な場合もありますので、早めに確認しましょう。 お子様のコンディションを整える 次のポイントは、子供の機嫌を整えることです。撮影当日は十分な睡眠や食事をとり、子供がリラックスできる状態で臨むことが望ましいです。 また、お気に入りのおもちゃやお菓子を持っていくと、機嫌が良い状態を保てることがあります。 また、プロのカメラマンに依頼するか、ご自身で撮影するかを検討しましょう。プロのカメラマンに依頼すると、ポーズや表情を引き出してくれる上、編集やアルバム作成も依頼できます。 自分で撮影する場合 自分で撮影する場合は、事前にカメラの使い方や撮影テクニックを学んでおくことが望ましいです。 撮影のポーズや表情にこだわりましょう。笑顔はもちろん、無邪気な表情や親子で手をつなぐ姿など、さまざまなポーズを試すことで素敵な一枚が撮れるでしょう。 編集やアルバム作成も大切です。撮影した写真を整理し、厳選したお気に入りの写真をアルバムに収めることで、後々の思い出になります。また、デジタルデータで保存する場合は、バックアップを取ることをお忘れなく。 以上が、七五三の写真撮影で知っておきたいポイントです。このポイントを押さえ、素晴らしい七五三の写真を残しましょう。子供の成長を祝う大切な一日となることでしょう。

  • 熱田神宮で七五三・お宮参りのロケーション写真撮影の申し込み方法解説‼

    いつもブログをご覧頂いてありがとうございます。今回は「名古屋で有名な熱田神宮で七五三やお宮参りの撮影ができるのか」?ということについて詳しく解説させて頂きます。 撮影できると書いてある記事もあれば、撮影できないという記事も見当たりますが、こちらのブログではきちんとこれから撮影をお考えの方に誤解のないようにお伝えさせて頂きます。 是非参考にしてくださいね。 1.熱田神宮でのロケーション撮影での注意事項 最近ではカメラマンさんを神社などに呼んで撮影をするという方も増えてきています。もちろんそのようなサービスもいいのですが、注意しないといけないのは、「その場所で撮影ができるのか?」「そもそも撮影許可をきちんと取れているか?」です。 撮影許可を取らずに撮影している場合は、もちろん違法行為です。そこまでは知らなかった、カメラマンさんが許可を取ってくれてると思っていた、という後からの言い訳はきかなくなります…。 なかにはカメラマンさんをお友達と装い撮影を勧めるカメラマンさんもいますが、ご神前でそこまでして撮影することも何かが違います。 もちろん許可を取っていないカメラマンが撮影をしているのが見つかればどの場所でも厳しく注意されます。 せっかくの晴れの日のお祝いの写真なのに、そのような嫌な思い出が残ってしまうことは良くないですよね…。防げるトラブルには注意しなければいけません。 [ふきだし icon="https://photostudio-info.com/wp-content/uploads/2022/04/名称未設定-1.png" align="right" col_border="#000" col="#f6f3f1" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]実際に熱田神宮の撮影はどこまでがOKなのかしら?[/ふきだし] さて、本題の熱田神宮で写真撮影ができるのかですが、 熱田神宮では熱田神宮の指定業者、また熱田神宮で申請を出して許可をされたフォトグラファー・カメラマン以外は撮影することはできません。 熱田神宮の指定業者以外のフォトグラファーが「七五三の写真を撮りたい」という申請を出したとしても、原則許可はおりません。 自分のお願いしているフォトグラファーさんがきちんとルールを守っているフォトグラファーかを確認するためには、フォトグラファーさんが、腕に腕章をつけているかを確認しましょう。撮影ができるフォトグラファーは必ず腕に撮影を許可された腕章をつけています。色は青色・または白色です。腕章をつけずに撮影をしているフォトグラファーさんは許可を取らず違法で撮影をおこなっています。 [ふきだし icon="https://photostudio-info.com/wp-content/uploads/2022/04/woman-d-02.png" align="left" col_border="#000" col="#f6f3f1" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]自分が担当しているフォトグラファーさんがきちんと許可を取っているか確認するためには腕章を見ればいいのね![/ふきだし] 2.熱田神宮で写真撮影を頼みたい方は熱田神宮会館写真部へ このように熱田神宮内で撮影をしたい場合は、熱田神宮の指定業者・熱田神宮会館写真部にお願いをしましょう。個人のフォトグラファーさんにお願いをして熱田神宮で撮影をお願いする行為はできません。 [ふきだし icon="https://photostudio-info.com/wp-content/themes/isotype_001/functions/gutenberg/balloon/image/icon_biz_man.png" align="left" col_border="#000" col="#f6f3f1" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]熱田神宮会館の写真部の方にお願いすれば安心して写真をお願いできるよ![/ふきだし] 境内でのロケーション撮影は熱田神宮会館写真部が請け負ってくれています。熱田神宮会館写真部にお願いすれば間違いはありません。熱田神宮会館写真部はタカラ写真館・ミカサ写真館・天野写真室の3つの写真館が入っています。どの写真館も安心して撮影をお願いすることができます。 3.熱田神宮会館写真部のロケーション撮影プラン 熱田神宮会館写真部のロケーション撮影プランは大前提として、熱田神宮でご祈祷をされたお客様しか撮影を行うことはできません。撮影だけを行うために申し込むことはできませんので注意しましょう。 熱田神宮を熟知したフォトグラファーさんが撮影が許可されている場所で、大切な晴れの日の記念を撮影してくれます。 撮影料金 カット数 40カット44000(税込み)撮影時間30分~60分*撮影料金に祈祷料は含まれていません。 撮影したデータをもらえるプランで、データは後日送られてきます。 熱田神宮内で撮影ができるとはいっても、境内は参拝のお客様で多く賑わっています。撮影が優先なのではなく、ご参拝者の方が何よりも優先されます。 神社様ではご参拝の方に迷惑になる行為、いきすぎた撮影行為(フォトグラファーが大きな声をだす・道をふさぐ・長時間場所を独占する・撮影してはいけない領域で撮影する)により、撮影行為が禁止となる場所も増えています。撮影をお願いする側もマナーを守って撮影を楽しみましょう。 [ふきだし icon="https://photostudio-info.com/wp-content/uploads/2022/04/woman-d-02.png" align="right" col_border="#000" col="#f6f3f1" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]撮られる側も作法・マナーを守ることが大切‼[/ふきだし] 熱田神宮会館写真部のフォトグラファーの方々はその辺りは熟知されているので安心して頼むことができます。 4.ロケーション撮影当日の流れ 撮影日の当日の流れはこのようになっています。 熱田神宮の神楽殿で祈祷熱田神宮会館、または神楽殿前のフォトグラファーと合流熱田神宮境内で撮影開始(30分~60分)お支払い(各社現金のみ)後日データ送付(撮影日から一か月以内) 5.申し込み方法 ロケーション撮影の申し込み方法を調べたところ熱田神宮会館写真部さんの申し込みのHPがありました。 ミカサ写真館 出典:ミカサ写真館インスタグラム ミカサ写真館さんは名古屋市の東山に拠点をおく老舗写真館です。熱田神宮での写真以外にもスタジオノーブレムというブランドで子供スタジオを展開しているようです。 ミカサ写真館への申し込みフォーム ロケーション撮影プランページ ミカサ写真館さんでのロケーション受付のHPです。ミカサ写真館へのお問い合わせはミカサ写真館の公式LINEからできるようになっています。ミカサ写真館の公式LINEを登録すると、LINEのトーク画面に申し込みフォームがあるので、そこから必要な情報が入力できるようになっています。 質問事項があれば、公式LINEからも気軽にお問い合わせができるようです。 ミカサ写真館への申し込みフォーム ミカサ写真館公式LINE 注意事項として記載があるのは、七五三の繁忙期になると申し込みが殺到するので、なるべく事前の申し込みが必要とありました。ロケーション撮影をお考えのお客様は前もって申し込みしましょう。 たから写真館 出典:たから写真館ホームページ たから写真館さんは熱田神宮の目の前にある写真館さんです。七五三の時期になると記念日の写真を撮りに来るお客様でとても賑わっています。 たから写真館さんの直接の申し込みフォームは見当たりませんでした。たから写真館さんにお願いしたいお客様は直接スタジオにお問い合わせしてみてもいいかもしれません。 天野写真室 出典:天野写真室HP 天野写真室さんは名古屋で有名な百貨店、三越にスタジオを構えている老舗名門写真館です。調べたところ天野写真室さんのインスタグラムから申し込みをされていました。インスタグラムのリンクをクリックすると熱田神宮のロケーション撮影の申し込みフォームに入れます。ここから必要な情報を入力して申し込むことが可能なようです。 天野写真室への申し込みフォーム 天野写真室インスタグラム 熱田神宮会館 HP以外にも熱田神宮会館に直接お問い合わせもできるようです。 熱田神宮会館へのお問い合わせ 052-671-3120 曜日時間平日10:00-18:00土日・祝日9:00-19:00*火曜日は定休日 6.おわりに 熱田神宮境内でのロケーション撮影は熱田神宮会館写真部が請け負っています。それ以外で撮影するためには熱田神宮の許可が必要になり、腕章をつけての撮影が必須のようです。 大切な晴れの日のお祝いです。トラブルをさけるため、しっかりとした業者さんにお願いしましょう。

  • 七五三の歴史と現代の風習を徹底解説!

    七五三は、日本の伝統的な行事であり、子供の成長と健康な未来を祈るものです。 この記事では、七五三の歴史から現代の風習までを徹底解説します。 江戸時代の影響や神道との関係、地方ごとの風習の違いなど、興味深い内容が満載です。 また、子供たちの成長を祝う意味や神事の内容、縁起を担ぐ品物や服装についても詳しく説明します。 さらに、日本全国の七五三の神社を紹介し、家族でお祝いする意義をみんなで共有できるようにまとめています。 ぜひ、この記事を読んで七五三の知識を深め、家族で楽しむための参考にしてください。 七五三の歴史と意義 七五三は、日本の伝統的な行事であり、3歳・5歳・7歳の子どもたちが神社に参拝し、成長と健康を祈願するものです。この行事は、古くから子どもたちの成長が神々の加護によるものとされ、感謝の意味も込められています。また、古代日本では子供の死亡率が高かったため、七五三は子どもたちが無事に成長できたことを喜び、さらなる成長と幸せを祈る機会でした。 七五三の歴史は、平安時代まで遡るとされており、その頃は特定の年齢ではなく、数え年で奇数歳の子どもたちが神事に参加していたと言われています。江戸時代に入ると、現在のような3歳・5歳・7歳という年齢制限が定着し、関東地方を中心に全国に広がりました。 また、七五三の際に着る祝い着は、女児が赤やピンクの着物に熨斗目や友禅模様、男児が羽織と袴を着用するのが一般的で、その由来も江戸時代にさかのぼります。このように、七五三は子どもたちの大切な成長の節目を祝い、家族そろって感謝と願いを捧げる、日本の伝統的な行事として受け継がれています。 七五三の由来と江戸時代の影響 七五三の由来は、古代日本の神道に基づく成長祈願の祭祀にあります。古代日本では、子どもたちの成長が神々の加護によるものと信じられており、七五三のような行事で神々に感謝し、さらなる成長を祈っていました。 江戸時代になると、七五三がより庶民にも広まり、現代と同様に3歳・5歳・7歳の子どもたちが神社に参拝する形が定着しました。当時の子どもたちは、七五三の際に願い事を書いた短冊を献納したり、千歳飴と呼ばれる飴をもらって祈願しました。 また、江戸時代の影響を受けた七五三の風習には、髪を結う女児と袴を着用する男児があります。服装は当時の子供たちの格式を示すものであり、現代の七五三でも、この伝統的な服装が引き継がれています。 神道との関係と地方ごとの風習の違い 七五三は神道の行事であり、子どもたちの成長を祝い、神々に感謝する目的があります。日本の神道では、自然や人間の生活と密接に関わる神々が数多く存在し、それぞれの地方で神事や祭祀が行われています。 七五三も各地で独自の風習や神事があり、地域によって様々な形で行われています。例えば、出雲地方では3歳の子どもたちが神社に髪を奉納する「髪納め」という風習がありますし、他の地方では風船や縁起物を子どもたちに与えることがあります。 このように、神道と地方の風習が組み合わさった七五三は、日本全国で親しまれている伝統行事であり、子どもたちの成長や家族の絆を深める大切な機会となっています。 七五三の日付と年齢のカウント 七五三は日本の神道における伝統的な行事であり、子供たちの健やかな成長と幸せを願うものです。一般的には、女児は3歳と7歳、男児は5歳の時に神社で行います。 七五三の日付は、全国的には11月15日とされていますが、地方によっては11月上旬から下旬にかけて神事が行われることもあります。 年齢のカウントには数え年という日本独自の方法が用いられます。数え年は、生まれた年を1歳として、その後は毎年正月に1歳ずつ加算されるというやり方で、現在のような満年齢とは異なります。 このため、七五三を終えると、通常の年齢よりも1〜2歳ほど年上になることがあります。 地域による日付の違いと旧暦の影響 七五三の日付は基本的に11月15日ですが、地域によっては異なる場合があります。一部の地方では11月上旬から下旬にかけて、都合の良い日に神事が行われることがあります。 また、かつては旧暦を用いていたため、現在の新暦とは日付が異なる場合があります。 江戸時代には、旧暦の10月から12月にかけて七五三が行われていましたが、徳川家が新暦に移行したことで現在の11月に七五三が行われるようになりました。地域や歴史的背景を考慮することで、七五三の日付の違いや旧暦の影響が理解できます。 男児・女児それぞれの年齢と成長を祝う意味 七五三は日本の神道行事であり、男児や女児の成長を祝う意義があります。男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳で祝うのが一般的です。この年齢は、幼い子供が無事に成長し、健康で幸せな暮らしを送るために節目とされる重要な時期になります。 神道において数え年が重視され、昔は満年齢ではなく、旧暦の年を用いる場合もありました。 七五三には、子供たちの健康を祈願し、長寿で幸せな人生を送ることができるように願う意味が込められています。 子供たちには、収穫祭の時期にちなんで、千歳飴という縁起物が贈られる。千歳飴は、江戸時代からの縁起物であり、「千歳」とは「長寿」の意味を持ちます。 七五三の服装と品物の縁起 七五三では、子供たちの服装として華やかな着物が着用されることが多いです。一般的に、男児は羽織と袴の組み合わせで、女児は着物に帯揚げや縮緬など、縁起を担いでいる模様があります。 また、七五三には、さまざまな品物が用意されるます。風船や千歳飴などの縁起物が子供たちに贈られます。千歳飴は、子供たちの健康や成長、長寿を願い、縁起を担いでいるものです。 着物の模様 着物にはさまざまな縁起の良い模様が施されています。例えば、女児の着物には鶴や亀、梅や桜、菊などの吉兆を象徴するモチーフが用いられることが多いです。 一方、男児は龍や鳳凰、扇や華文、熨斗など、勇ましいデザインが特徴です。これらは子供たちの健やかな成長を願う親心が込められたものであり、七五三の祝福の気持ちを具体的に表現するものと言えます。 七五三のまとめ|家族でお祝いする意義 七五三は、子供たちが無事に成長できたことを親や親族が喜び、家族の絆を深める機会となります。また、地域や神社によって異なる風習や神事があるため、子供たちに日本の歴史や文化を伝える貴重な体験となります。 お子様の成長を祈願するために神社へ親子で訪れることで、七五三の意義をより深く感じることができるでしょう。ぜひ、家族で素敵な思い出を作りに行ってみてください。

  • 七五三前撮りの完全ガイド!時期・衣装・スタジオ選びのポイント

    七五三前撮りは、お子さまの成長を祝う大切なイベントです。この記事では、おすすめの撮影時期や衣装選び、スタジオ選びのポイントを解説します。まずは、3歳、5歳、7歳のそれぞれの撮影時期にフォーカス。また、シーズンごとのメリットや注意点を確認しましょう。さらに、スタジオ利用時の撮影時期や混雑状況についても探ります。 次に、家族そろっての七五三撮影について。お子さま、ママ、パパそれぞれの着物や和装の選び方や、ポーズのコツをお伝えします。撮影スタジオや衣装レンタル店を上手に利用すれば、費用も抑えられます。最後に、七五三前撮り撮影のまとめとして、タイミングやスタジオ選びで最高の思い出を残す方法を紹介します。是非、この記事を参考に、家族で楽しむ七五三前撮りに挑戦してみてください。 七五三の前撮り撮影はいつごろがおすすめ?時期ごとのメリットを確認しよう 七五三の前撮り撮影は、お子さまの成長を祝う大切なイベントです。おすすめの時期は、お祝いの時期である11月前後以外にも、さまざまなメリットがある時期があります。具体的には、春や秋に撮影することで、自然の美しい風景を背景に撮影ができる点や、暑すぎず寒すぎない気候で快適に撮影が行えるという点が挙げられます。また、夏に撮影することで、家族みんなで浴衣を着て和やかな雰囲気の写真が撮れるというメリットもあります。しかし、どの時期に撮影するにしても、スタジオや衣装の予約が混雑することがあるため、早めの予約がおすすめです。 3歳、5歳、7歳のそれぞれにおけるおすすめの撮影時期 3歳の場合、お子さまがまだ小さく、暑さや寒さに弱いことから、春や秋の過ごしやすい時期がおすすめです。5歳のお子さまは、元気いっぱいなので、夏に浴衣を着せて撮影するのも素敵です。ただし、日焼けや熱中症に気を付けましょう。そして、7歳のお子さまは、11月のお祝いに向けて前撮りを行うことが一般的ですが、夏休みや春休みに撮影することで、貴重な家族の思い出になるでしょう。 シーズンごとの撮影メリットと注意点 春に撮影する場合、桜や新緑を背景に美しい写真が撮れるメリットがあります。ただし、花粉症のお子さまには注意が必要です。夏に撮影する場合、浴衣を着た家族写真が楽しめますが、日焼けや熱中症対策が必要です。秋に撮影する場合、紅葉やお月見などの季節感が表現できますが、台風シーズンには天候による撮影の延期があるかもしれません。冬に撮影する場合、お正月の着物姿も素敵ですが、寒さ対策が必要です。 スタジオ利用時の撮影時期と混雑状況 スタジオ利用時の撮影時期によっては混雑が予想されます。特に11月のお祝いシーズンや、春や秋の行楽シーズンには予約が取りづらくなることがあります。早めの予約や、平日やオフシーズンを狙うことで、ゆっくりと撮影ができるでしょう。また、混雑が予想される場合は、スタジオアリスや有名な撮影スタジオのキャンペーンを活用して、お得に撮影ができる方法も検討してみましょう。 家族そろって七五三撮影!親子の衣装とポーズのコツ 家族での七五三撮影は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。素敵な写真を残すために、親子それぞれの衣装選びや、ポーズのコツを知ることが大切です。 お子さまの衣装は着物が一般的で、男の子は袴、女の子は袴や被布を着用します。着物の柄や色は、お祝いの場合に適した華やかなものを選びましょう。また、お子さまに快適に着てもらえるよう、サイズや素材にも注意が必要です。 ママの衣装には和装が人気で、お子さまの衣装に合わせた色柄を選ぶと統一感が出ます。パパも和装で揃えることで、家族全員の絆を感じる写真になります。 撮影時のポーズのコツは、自然な笑顔や親子のスキンシップを大切にすること。抱っこや手をつなぐなどのアクションを取り入れて、家族の愛情を表現しましょう。 お子さま、ママ、パパそれぞれの着物や和装の選び方 お子さまの着物選びは、年齢に合わせた柄や、丈夫な素材を選んでお祝いの雰囲気を盛り上げましょう。また、動きやすさを考慮したデザインが好ましいです。 ママの和装は、季節に合わせたものやお子さまの衣装と同じ柄を取り入れることで、見た目にも統一感が出ます。また、着付けやヘアアレンジも簡単なものを選ぶと、ストレスフリーな撮影ができます。 パパの和装はシックな色合いやデザインがおすすめです。家族全員で統一したものを選ぶことで、家族写真が一層引き立ちます。 七五三前撮り撮影のまとめ|タイミングやスタジオ選びで最高の思い出を残そう 七五三前撮り撮影のタイミングは、お子さまの誕生日前後や、行事が少ない時期がおすすめです。また、スタジオ選びでは、撮影メニューやサービス内容、予約のしやすさなどをチェックしましょう。 これらのポイントを押さえて、家族で最高の思い出を残しましょう。次のステップとして、お気に入りのスタジオを探して予約することをお勧めします。

  • 七五三の衣装のルールは?何を着ればいいの?

    七五三の準備には様々な要素がありますが、特に重要なのがお子さまの衣装選びです。さらに、ご家族の服装も考慮する必要があります。 ここでは七五三の衣装について、和装と洋装の基本情報をまとめました。これを参考にして、お子さまの大切な節目を迎える準備を進めていきましょう。 七五三の衣装は洋装か和装か? まず、七五三の衣装には洋装と和装の2つの選択肢がありますが、特別なルールがあるわけではありません。どちらを選んでも問題ないでしょう。 和装の場合、以下のようなポイントがあります。 女の子は鮮やかな色のお着物を選ぶことが一般的です。 男の子は紋付羽織袴や袴姿が好まれます。 一方、洋装の場合は以下のようなポイントが挙げられます。 女の子はドレスやワンピースを、男の子はスーツやタキシードを選ぶことが多いです。 洋装だと和装に比べて着付けが簡単で、動きやすさも魅力です。 また、七五三の準備は衣装だけでなく、他にもたくさんのことがあります。 例えば、神社でのお参りや写真撮影、お祝いの慣習などです。これらについても事前にリサーチしておくことが大切です。 さらに、写真スタジオやフォトスタジオを利用する場合、和装も洋装も手ぶらでOKというところもあります。そうしたスタジオを利用すれば、衣装選びに悩む時間も削減できます。 まとめると、七五三の衣装には洋装と和装の2つの選択肢がありますが、どちらを選んでも問題ありません。 和装と洋装のポイントを押さえ、お子さまと一緒に楽しい七五三の準備を進めていきましょう。 また、写真スタジオやフォトスタジオを利用することで、衣装選びの手間を減らすことも可能です。お子さまの節目を迎える七五三を、安心して楽しく過ごしましょう。

  • こどもの七五三の費用はいくらかかる?使い道や相場などを解説‼

    七五三にかかる費用は総額いくらかかるでしょうか。多くの親御さんがこのような疑問を持つことでしょう。 今回は、七五三にかかる費用を細かく解説し、使い道や相場をまとめました。七五三の予算を立てる際に役立ててください。 まず、七五三にかかる費用の内訳を以下の通りご紹介します。 神社やお寺へのご祈祷 記念写真撮影 食事会 その他 1.ご祈祷料 神社やお寺へのご祈祷編 七五三では、まず子どもの成長をお祝いするために神社やお寺へ参拝し、ご祈祷を受けます。 ご祈祷料の相場は場所や神社によって異なりますが、一般的に1万円から3万円程度が目安です。また、神社によっては、祈祷料の他にも賽銭やお供え物の費用が必要になることもありますので、予め確認しておくことをおすすめします。 2.記念写真費用 記念写真撮影編 七五三の記念写真撮影は、家族での思い出を残す大切なイベントです。料金はスタジオやプランによって異なりますが、10,000円から50,000円程度が相場です。また、着物やスーツのレンタルが必要な場合は、別途費用がかかる場合があるので、事前に確認しておきましょう。 3.食事会費用 食事会編 祈祷後には、家族や親戚・友人を招いて食事会を開くことが一般的です。食事会の費用は、参加人数やレストランのランクによって大きく変わります。 一般的には、1人あたり5,000円から10,000円程度を予算として考えると良いでしょう。 4.その他の費用 その他 その他の費用として、お参り用の着物やアクセサリー、お祝い返しの費用が考えられます。また、祈祷に参加してくれた方々へのお礼の品や、お付き合いで出席される方への手土産も忘れずに用意しましょう。 まとめ 七五三にかかる費用は、神社やお寺への参拝、記念写真撮影、食事会、その他の費用といった項目があります。各項目の相場を把握し、予算を立てる際に考慮してください。また、費用を抑えたい場合は、プランやお店を比較検討しましょう。大切な家族の思い出を作る七五三の準備を、ぜひ楽しんでください。

  • 七五三の写真撮影はどうする?知っておきたいポイント‼

    七五三の写真撮影は、子供たちの成長を祝う大切なイベントです。そのため、素晴らしい写真を残すためにはいくつかのポイントを把握しておくことが重要です。今回は、七五三の写真撮影で知っておきたいポイントをご紹介します。 衣装選び まず第一に、衣装選びが重要です。子供の好みや似合う色を考慮しながら、華やかで伝統的な衣装を選びましょう。男の子は祝い袴、女の子は着物が定番です。レンタルショップや子供服専門店で選ぶことができます。 撮影場所を検討しよう 第二に、撮影場所の選定が大切です。自然豊かな公園や神社・お寺が人気ですが、天候に左右されるため屋内スタジオもおすすめです。撮影場所によっては事前予約が必要な場合もありますので、早めに確認しましょう。 お子様のコンディションを整える 次のポイントは、子供の機嫌を整えることです。撮影当日は十分な睡眠や食事をとり、子供がリラックスできる状態で臨むことが望ましいです。 また、お気に入りのおもちゃやお菓子を持っていくと、機嫌が良い状態を保てることがあります。 また、プロのカメラマンに依頼するか、ご自身で撮影するかを検討しましょう。プロのカメラマンに依頼すると、ポーズや表情を引き出してくれる上、編集やアルバム作成も依頼できます。 自分で撮影する場合 自分で撮影する場合は、事前にカメラの使い方や撮影テクニックを学んでおくことが望ましいです。 撮影のポーズや表情にこだわりましょう。笑顔はもちろん、無邪気な表情や親子で手をつなぐ姿など、さまざまなポーズを試すことで素敵な一枚が撮れるでしょう。 編集やアルバム作成も大切です。撮影した写真を整理し、厳選したお気に入りの写真をアルバムに収めることで、後々の思い出になります。また、デジタルデータで保存する場合は、バックアップを取ることをお忘れなく。 以上が、七五三の写真撮影で知っておきたいポイントです。このポイントを押さえ、素晴らしい七五三の写真を残しましょう。子供の成長を祝う大切な一日となることでしょう。

プロフィール

profile main img

YUI編集長

はじめましてYUIです。 小さいころから写真が好きで、いつか写真にかかわる仕事がしたいなと思って、大学を出てからフォトグラファーの道を歩みはじめました。 今も現役のフォトグラファーとして活躍しております。 写真の講習や講師としての活動もしています。 写真のことや、フォトスタジオのこと、自分のこと、このブログで綴っていきます。